「未分類」の記事一覧(2 / 3ページ目)

わきがの手術には、汗腺を直接切除する「剪除法」など、物理的に汗腺を処理する治療が一般的です。最近では熱や超音波による汗腺の破壊方法も登場し、傷のつかない治療として注目されています。
トップページ > わきが手術にはどんな種類があるの?
わきがの手術には具体的にどんな種類があるの?

「わきが」「わき汗」の悩みは意外に深刻。周りに見られるのも恥ずかしいし、何とかして治したいと思いますよね。

本記事では、現在行われているさまざまなわきが手術について紹介したいと思います。

剪除法

「せんじょほう」と読みます。ワキ下の皮膚をメスで4cm程度切開し、皮膚の下にある汗腺を医師が直接目で見ながら切り取っていく方法です。わきが手術としては非常に一般的な方法で、直接汗腺を取り除くため、確実な効果が期待できます。

他の治療方法にくらべ、手間と時間がかかるのですが、一つ一つの汗腺を目で確認しながら取り除いていくので、医師の技量によってはかなりの高確率でわきがを治療することができます。

皮下組織吸引法

ワキ下に「カニューレ」と呼ばれる細い管を通し、アポクリン汗腺やエクリン汗腺などの汗腺を吸い取っていく方法です。美容整形における脂肪吸引と同じイメージで、剪除法にくらべて治療がスムーズ&スピーディであることが特徴です。

細い管を通すための穴しか開けないので、皮膚を切開する手間と負担がかかりません。手術痕も小さく、治りが早いのがメリットです。

超音波吸引(治療)法

ワキの下の皮膚に数mm程度の穴を開けて、超音波によって汗腺を破砕&吸引する方法です。

皮下組織吸引法よりも血管や神経へのダメージが少なく、超音波を使うことで余計な部分を傷つけないメリットがあります。手術後の回復も早う、肌へのダメージが少ないため、皮膚が壊死するといったトラブルも少なく済みます。

皮下組織削除法

ワキを1cm程度切開し、「キューレット」と呼ばれる医療器具を改良した独自の器具を皮下組織に入れて、アポクリン汗腺やエクリン汗腺などを削り取っていく方法です。

剪除法と一見似ているのですが、傷は非常に小さく、汗腺などの組織を均一的に削り取ることが可能。剪除法よりもさらに効率的で痛みの少ない治療方法になります。

ミラドライ

ミラドライは切らない・縫わない・痛みがない最新の治療方法です。「マイクロウェーブ」と呼ばれる電磁波をワキに当てることで、自動的に汗腺の位置を把握し、熱の力で汗腺を破壊するという方法です。

直接皮膚を切開することがないので、傷をまったく作らずに手術と同程度の効果が期待できます。ただし医師による技術の差や、汗腺の数によっては破壊しきれない(再手術が必要)といったデメリットもあります。

熱による治療なので、切開や縫合といった痛みや負担はまったくありません。治療後のダウンタイムは非常に短く、治療の日にシャワーが浴びられる、翌日から出勤可能といった部分が他の治療とは異なります。

ミラドライについてさらに知りたい方は、こちらのページを御覧ください。

ウルセラドライ

ウルセラドライは高密度焦点式超音波をワキに当て、汗腺だけに熱を加えて破壊する治療方法です。ミラドライが電磁波を使うのに対して、ウルセラドライは高密度焦点式超音波を使った治療になります。

前立腺、顔などのデリケートな部分にも使えるほど安全性の高い超音波は、アポクリン汗腺のある部分ならどこにでも使えます。

ミラドライがワキにしか照射できないのに対し、ウルセラドライはアポクリン汗腺の通っている部分ならどこにでも使うことができます。

メスを使わず、汗腺だけを限定的に破壊できるのがメリット。ダウンタイムも短く、治療当日からシャワーが使えます。

ウルセラドライについてさらに知りたい方は、こちらのページを御覧ください。

まとめ

いかがでしたか?わきがや多汗症などの治療には、メスを使う方法から一切傷跡を残さない方法まで、いろいろな治療があります。

料金やダウンタイムはもちろん、医師の手腕によってそれぞれの治療の効果も変わってきます。事前にクリニックとよく相談をして、納得のいく治療方法を見つけてみてください。

ページの先頭へ