「未分類」の記事一覧(2 / 3ページ目)

わきがが起こる原因は、遺伝によるアポクリン腺の保有量のほかにも、汗の臭いや雑菌の繁殖、ストレス、ホルモン異常などが考えられます。病気ではないので、人から人へ移る心配はありません。
トップページ > わきがは何故なるの?ワキガになる原因とは?
わきがになる原因

強烈でしつこい臭いが特徴的な「わきが」。

わきがといえば「不潔」「汗を拭かずにそのままにしている」といったネガティブなイメージや偏見が多く、正しい原因をほとんど知らない方も多いのではないでしょうか。

そもそもわきがとは、一体なにが原因で引き起こされる症状なのでしょうか?

本記事では、わきがの原因であるさまざまな生活要因や体質などについて順番に紹介し、考えていきたいと思います。

遺伝によるわきが

よく言われる原因の一つとして、「生まれつき親からわきがが遺伝している」という問題があります。

確かにわきがは親の体質をそのまま受け継ぐことで知られ、両親がどちらもわきがを持っている場合、80%の確率でわきがが遺伝すると言われています。

また、遺伝によってわきがの原因となる汗腺・アポクリン腺をたくさん体内に保有しており、わきが以外の部位からも臭いがきつく、悩まされている方もいます。

汗によるわきが

汗はサラサラしていて、乾くまではほとんど無臭です。そのため、汗=わきがと決めつけるのは早く、汗をかいたからわきがになったというわけではありません。

ただし、アポクリン腺の多い方は汗をかくと同時にわきがの臭いが汗に乗って、下着や衣服に付着します。ここに、元から住んでいる雑菌がやってきて繁殖し、アンモニアを分解することで、汗がさらに強烈なわきがの臭いを放ち始めます。

菌によるわきが

上記でも述べたように、雑菌たちは汗や皮脂が大好きで、それらをエサとして活動しています。

汗をかかなければ雑菌が増えにくくなることは確かですから、汗をかきにくい状態(暑い場所を避ける、衣服が蒸れないように注意する、汗用シートを取り付ける)といった工夫をすることで、菌によるわきがの進行を食い止めることができます。

ストレスによるわきが

意外なことに、日々の生活の中で受けるストレスもわきがの原因になると言われています。

たとえばストレスが過剰になっている時、心と体がそれぞれ緊張している時などは、精神的に追い詰められておかしな汗が出てくることがあります。

人ごみが苦手で汗をかく人や、人前に立つ仕事が多く汗をかく人も、ストレスによるわきがに注意です。

普通、汗をかくときには「エクリン腺」という汗腺から汗が出てきます。しかしストレスを受けた時には、粘性が高く臭気の強いアポクリン腺から汗が出てきてしまうのです。

これは自然な体の反応であり、決しておかしな事ではありません。しかしストレスを受ければ受けただけ、アポクリン腺の活動が活発になってしまい、結果としてわきがに繋がってしまうのです。

ホルモン異常によるわきが

男性には男性ホルモン、女性には女性ホルモンが分泌されていますが、このホルモンバランスの乱れはわきがを発症する原因の一つと言われています。

人間のホルモンバランスは常に変動しており、体調や年齢、環境、病気、ストレスなどいろいろな所から影響を受けています。その過程でホルモンの状態が乱れる(急激に分泌量が低下する)と、アポクリン腺が活発になってしまい、わきがを発症することがあるのです。

成長期には特にホルモンが活発になる時期なので、中学校から高校にかけての時期にわきがにかかってしまうケースも少なくありません。

女性の場合は、毎月の生理やその前後、妊娠中や出産後に大きくホルモンバランスの乱れが出てきますが、やはりホルモンバランスの変動の関係でわきがが発症する可能性があります。

ホルモン異常を引き起こさないためには、食生活や睡眠量も関係しています。ふだんの生活を改め、少しでも健康的に整えていくことがわきがを予防する秘訣と言えるでしょう。

まとめ

わきがの原因は人によってさまざまなのですが、病気ではなく体質の一種であるため、人から人へ感染する心配はありませんのでご安心ください。

わきがの原因をしっかりと突き止めて、それぞれに合った対処をしていくことが、わきがを解消する一番の近道になります。

ページの先頭へ