すそわきがとは陰部(デリケートゾーン)から発生する臭いのことで、汗腺が集中することで起きるトラブルです。ワキよりもデリケートな部分なので、肌にやさしいアイテムを使ってケアしていくことが大切です。
トップページ > すそわきがとは
すそわきがとは

「すそわきが」とは、ワキではなく陰部(デリケートゾーン)から発生する濃い臭いのことで、別名「外陰部臭症」とも呼ばれている症状です。

すそわきがになる原因の一つには「雑菌」が挙げられます。

通常、陰部は下着や衣服が何重にも重なって覆われていますが、ここが汗で蒸れると元々存在している雑菌が繁殖します。汗腺に含まれる尿素が皮脂腺から分泌された脂肪酸と混ざり、菌がそれらを分解することで臭いが発生します。

陰部はワキと同じく、嫌な臭いの元となるアポクリン腺が多数集まっている場所です。そのため、ふだんから強い臭いを出しているのですが、雑菌が増殖するとますますもって臭いが濃くなります。

アポクリン腺の量は人によって違いがあり、多い人もいれば少ない人もいます。また、体臭の濃さにも個人差があるため、アポクリン腺が多く体臭が濃い人ほど、すそわきがにかかる可能性もアップします。

すそわきがのセルフチェック方法

すそわきがかどうかを確かめるには、以下のようなチェック方法を試してみてください。

①汗ジミをチェックする

すそわきがにかかっているかどうかは、汗の粘土(ねばつき)や色で判断ができます。

アポクリン腺から出た汗というのは、一般的な汗に比べて少し濁っており、黄ばみがあります。

下着に汗をかいた時は、下着についた色をチェックしてみてください。強い臭いと同時に黄色っぽさや濁りがあれば、すそわきがである可能性があります。

②強い臭いが発生している

陰部は汗や尿、老廃物などによって常に臭いのある場所です。しかし汗をかいた時に限って強い臭いがする場合は、すそわきがである可能性があります。

汗をかいていない状態で、一度陰部の臭いをチェックし、歩いたり走ったりして汗をかいた時にもう一度臭いをチェックしてみてください。汗と同時に悪臭が漂う場合は、すそわきがの症状が現れている可能性があります。

③陰部以外からも臭いがする

ワキガの原因となるアポクリン腺は、ワキや乳首、耳の周辺など体の至るところに存在しています。

特にアポクリン腺が多いワキをはじめ、汗をかいた時に強い臭いがする場所をチェックしてみましょう。一ヶ所でも強烈な臭いがする場合は、陰部にもアポクリン腺が密集している(すそわきがに繋がっている)かもしれません。

④周囲から指摘された経験がある

自分の臭いというものは、意外に自分では気づかないものです。特に陰部は顔から離れているので、すそわきがにかかっていても気づかない方が少なくありません。

恋人や配偶者、あるいは家族・友人など、周囲から臭いに関して指摘されたことがあれば、すそわきがを判断する材料になります。

すそわきがの人はわきがの可能性がある理由

すそわきがとわきがは、発生部位がそれぞれ違うということもあって「別物」と考えられています。

しかし、アポクリン腺の量が多い方の場合、どちらか一部分ではなくワキと陰部の両方に汗腺が集まっている可能性が高く、わきがとすそわきがを両方持っている場合があります。

すそわきが(わきが)を治すには?具体的な改善方法

すそわきがを治すためには、汗腺を物理的に除去しつつ、汗の臭いをこまめにケアしていかなければなりません。

ただし、陰部は非常にデリケートな場所なので、ワキと同じようなケアの仕方では臭いが抑えきれない可能性があります。

パウダースプレーなどは手軽に臭いを抑えられるアイテムですが、陰部の濃い臭いと混じることでさらに悪化する場合があります。

手術以外の方法ですそわきがの臭いを改善するためには、専用のクリームを使う方法が確実です。

すそわきが用のデオドラントクリームは、無添加&無香料でサラっとした使い心地のものが基本になります。

デリケートな肌に使える低刺激性の製品なので、粘膜の多い部分にも手軽に塗って臭いケアができますよ。