チチガとは乳輪の奥にあるアポクリン腺が原因で起こる臭いのトラブルです。セルフチェックでチチガを判別することもできますが、乳輪まわりはデリケートな部位なので、専用のデオドラント製品を使ってケアしていきましょう。
トップページ > チチガとは?
チチガとは?

あまり耳にしない「チチガ」という症状があります。

チチガは別名「乳輪ワキガ」とも呼ばれ、乳輪の奥に通っているアポクリン腺という汗腺が原因で起こる、ワキガによく似た強い汗の臭いのことを指します。ツーンとする強い臭いが特徴です。

人間の体の中には至るところにアポクリン腺が通っていますが、中でもワキ、陰部、乳輪にはたくさん集まっていると言われています。

アポクリン腺の数には個人差があるため、まったく乳輪まわりに臭いが発生しない人もいれば、汗をかくたびに強烈な臭いに悩まされる人もいます。

チチガになると粘り気のある汗が出てきて、臭いは汗というよりもアンモニアが混ざったようなきつい臭いになります。汗の中に含まれるタンパク質やアンモニアなどが菌によって分解されることで強い臭いが発生します。

また、チチガの範囲は乳輪だけに限定されていません。胸のまわりや乳輪付近、乳首など、胸元全体から発せられる臭いもチチガと呼ばれています。

チチガのセルフチェック方法

チチガかどうかをチェックするには、以下に挙げる方法を試してみてください。

①わきが、すそわきがである

チチガは胸元にのみ発生する強烈な臭いですが、発生部位が近いこともあって、わきがと混同されやすいのが特徴です。

しかし、すでにわきがやすそわきがを持っている方は、胸まわりにもアポクリン腺が集中しており、チチガを持っている可能性があります。

②下着や衣類の汗ジミをチェックする

①と共通していますが、下着やキャミソールなどの衣類に黄色い汗ジミが付いていたり、強烈な臭いがあれば、それはチチガかもしれません。

チチガはアポクリン腺から特有の汗が分泌されて起きるものなので、汗が透明ではなく少し黄色っぽく、濁っているのが特徴です。汗の色が分かるように、白系統の衣類を身に付けて、汗の状態をチェックしてみてください。

③家族がチチガを持っている

わきがは遺伝により親から子どもへ受け継がれます。両親がどちらもわきがを持っていると、子どもに遺伝する可能性はなんと80%にものぼると言われています。

ワキガとまったく同じ確率ではなくても、チチガについても一定の遺伝性があります。もしも家族でチチガを持っている方がいれば、自分自身に遺伝している可能性は0ではありません。

チチガの人がワキガである可能性がある理由

チチガとわきがの原因はどちらも同じで、アポクリン腺の量が関係しています。アポクリン腺の保有量は人によって差があり、多い人もいれば少ない人もいます。

もしも生まれながらにアポクリン腺の量が多ければ、わきがはもちろん、チチガを持っていても不思議ではありません。また優性遺伝として、親のどちらかから遺伝している可能性もあります。

チチガはワキガと発生部位が近いこともあって混同されやすいのですが、両方を持っているケースも少なくありません。

チチガを治すには?具体的な改善方法

チチガを治すためには、超音波やメスを使った物理的な治療方法を行うのが確実です。汗腺を処理することで臭いの原因にアプローチできるので、確実な効果が期待できます。

しかし物理的な治療にはリスクがあります。乳輪まわりということで、女性の中には抵抗がある方もいるかと思います。そこで、チチガの臭いを抑えるためのデオドラント製品がおすすめです。

ワキガと違って、チチガはブラジャーなどの下着である程度抑えることができますので、デオドラントと組み合わせることでさらに臭いを目立たなくさせることができます。

チチガ対策に効果的なのは、皮膚の薄い乳輪まわりをしっかりと保湿して、肌のコンディションを良好に保つクリームタイプのデオドラントがおすすめです。

肌に直接吹き付けるスプレーとは違って、直接手指で塗るものなので、安全性が高いこともポイントです。