ウルセラドライは高密度焦点式超音波を肌に当てることで、汗腺を処理する方法です。切る、縫うといった作業が不要で、ワキ以外にも適用できるため、わきがを含む全身の汗腺処理が可能となっています。
トップページ > 切らないわきが対策『ウルセラドライ』について
切らないわきが治療『ウルセラドライ』について

ウルセラドライの概要

「ウルセラドライ」は、知名度の高い「ミラドライ」と同様に、切らない・縫わないを可能にした最新のわきが治療です。

美容皮膚科や美容整形外科では、ミラドライ以上に安全性が高い施術として、このウルセラドライを勧めているところも少なくありません。

ウルセラドライは高密度焦点式超音波という超音波を肌に当て、汗腺にのみ熱を加えて破壊する方法です。基本的なイメージとしてはミラドライとほぼ変わらないのですが、ミラドライに比べて痛みや熱による損傷が少なく、安全性が高いと言われています。

ウルセラドライのメリット

何よりも安全性が高いことが大きなメリットです。日常生活に支障の出ない範囲で施術ができること、傷跡が残らずに汗腺を処理できること、わきがの治療をしたことが周囲にばれない…など、あらゆる面でダメージの少ない治療方法になります。

ウルセラドライは最新の治療方法ですが、ミラドライに比べてリーズナブルに施術が受けられます。大体数万円~10万円程度安く抑えられるということで、安全性の高さに加え、価格の安さも魅力的です。

ミラドライはワキにしか適用できない治療ですが、ウルセラドライは前立腺がんや顔の皮膚のたるみなど、わきが以外の治療にも使用されています。失敗の許されない部位にも問題なく使えるということで、ミラドライに不安をお持ちの方にとっても安心です。

ウルセラドライのデメリット

ミラドライとほぼ同じデメリットになりますが、切らない・縫わない治療ということで、汗腺の処理が不十分になるおそれがあります。

皮膚にメスを入れない安全性の高い手術ではありますが、目で直接汗腺を見て取り除くわけではなく、超音波を当てるだけの処理になります。そのため、術後にわきが臭がする、改善効果が得られない、処理しきれなかった部分から再び汗腺が再生する…といったデメリットも報告されています。

ウルセラドライを受けた人の口コミ

以下からは、ウルセラドライを実際に受けた方の口コミを紹介していきます。

ウルセラドライに挑戦しました

わきがに悩んでいましたが、切らない手術ができるということでクリニックを受診。治療前にしっかり説明を受けておいたので、しっかり治療のイメージトレーニングをしてから治療にのぞみました。
結果、臭いはかなり減少。痕もまったく残っておらず満足です。汗腺は除去したほうがいいという意見もありますが、ウルセラドライなら何度でも受けられる治療ですから、私は切る治療には反対です。ダウンタイムも短いので、仕事で忙しい方にもおすすめですよ。

ミラドライと悩んだ結果…

ミラドライの方が安かったのですが、超音波の方が肌にやさしいと聞いていたのでウルセラドライを選びました。
検診からしっかり診ていただいて、臭いがすべて無くなるわけではないと伺っていたので、変に期待しすぎずに済みました。
治療は、これで終わり?というくらい簡単に終わり、無事成功。汗の臭いも目立たなくなって、すごく感謝しています。
わきがが完全に消えたわけではないのですが、治療を続ければさらに臭いが分からなくなるらしいので、これからも治療を続けていきたいです。

効果なしです

ワキガの程度によっては、何度も繰り返し治療しなければならないとは聞いていました。
私の場合はかなりしつこいワキガのようで、一回目を終えた時点でほとんど変わっていませんでした。
もうちょっと効果が出るのかなと思っていたので、期待しすぎだったのかもしれません。
でもワキガは何とかしたいし、高いお金を出しているわけだし、先生も「臭いは薄くなりますよー」って言っていたのだから、
もう少し効果が出なかったんだろうか…と思うところです。

ダウンタイムは短かったです

切らない治療なので安心して受けられました。術後の痛みもほとんどなく、ヤケドが怖かったけどその心配もなく、手術内容に不満はありません。
ですが肝心のわきが臭が、ほとんど治っていなかったのですごくショックでした。
先生は、何回か通っているうちに臭いが治っていきますよって仰っていたので、その言葉を信じたいのですが、
正直言って私のわきがに意味があるのかな?とも思います。
もう一度病院に行って、先生から説明を聞いてしっかり話し合いたいです。

ウルセラドライのまとめ

いかがでしたか?ウルセラドライは超音波で簡単に汗腺が処理できるので、ダウンタイムや痛みの心配をしたくない方におすすめの治療方法です。

しかし、わきがの程度によっては、術後の効果の表れ方に大きな差が出てくる可能性もあります。心配な方は事前にクリニックの医師とよく話し合い、納得したうえで施術を考えてみてください。