トリキュラーを個人輸入しようと思ったきっかけとそれまでの悩み

わたしは思春期の頃から、生理周期が安定せず、生理痛や足のむくみ、胸のハリ、あるいは気持ちの苛立ちなどに悩まされていました。

社会人になって、婦人科に通院するようになり、そこで低用量ピルの服用を勧められて、主治医のお医者さんから処方されたのが低用量ピルのトリキュラーでした。

しかし毎度毎度通院して、トリキュラーを処方してもらうのは新社会人になったばかりの私の懐事情を考えると厳しいものがあり、そこで安価に手に入れられるネット通販でのトリキュラーの購入に切り替えました。

いざトリキュラーを個人輸入

オオサカ堂という輸入代行サイトでの購入となりましたが、一箱1ヶ月分で私の購入した当時で1,000程度でした。

初めは個人輸入が初めてで本当に商品が到着するのか、クレジットカードが悪用されないか心配でした。

しかし、なやんでいてもしょうがないのと、たくさんの方が既に使用しているようなので、申し込みをしてみました。

支払いはクレジットカード決済で通常の通販サイトのように簡単に支払うことができました。

到着までは約10日ほどで自宅に届けられました。

郵便局から届けられて、箱をみても何が入っているのか分からないようになっていました。

実際にトリキュラーを服用してみて

トリキュラーは基本的に毎日、1日1錠、指定された順番に飲み続けていくものなので、自宅に到着したその日から飲み始めました。

トリキュラーは小さな錠剤タイプの薬ですから、飲みやすさは抜群です。

そしてシートの順番に飲んでいると、22日目にキッチリ生理がやってきました。

トリキュラーの効果の高さが実証された型になりました。

トリキュラーの効果と副作用

私の場合、毎月ワンシート、キッチリ欠かさず服用していれば、生理周期は安定しています。

またトリキュラーを飲み始めてからは、生理痛や足のむくみ、胸のハリ、気持ちの苛立ちなどはほとんどありません。

実は最初に病院で処方されてトリキュラーを飲み始めた一番最初のときは、頭痛や胸のハリは若干感じていましたが、トリキュラーを飲み始めて2ヶ月、3ヶ月と経つうちに、体が慣れてきたのでしょう。

そのような副作用の症状はいつの間にか、なくなっていきました。

個人輸入のメリット、デメリット

トリキュラーを個人輸入するメリットは、やはり自宅から手軽に購入することができることと、価格の安さですね。

デメリットは、個人輸入となるため、もし万が一、何かあっても自己責任ということになります。

これからトリキュラーを個人輸入しようとする方へ

特にそれまでトリキュラーを飲んだことのない、あるいは低容量ピルの服用経験のない方が、いきなりネット通販で購入して服用を開始するのはリスクが高いです。

ですから、必ず婦人科の診察を受けてから、服用を開始された方が良いです。

私にとってトリキュラーは、今では欠かせないものになっていますので、度々個人輸入サイトでリピート買いしています。

参考サイト:http://www.hap-fw.net/